農業政策は、インドの実際の農業人口を対象とすべきです

ほとんどの政府の福祉計画は、貧困の緩和とピラミッドの底にいる人々の高揚を目的としています。しかし、真ん中にいて、底に滑り込む危険がある人のための方針はありません。

MSPを法的権利にする要求は、基本的に、農民が購入するものに対して農産物に十分な購買力を与える価格平等の要求です。(C R Sasikumarによる図解)

インドには実際に何人の農民がいますか? 2016-17年の農業省の最後のインプット調査では、総保有量は1億4,619万に固定されました。同年のNABARDAll India Rural Financial Inclusion Surveyは、同国の農業世帯を1億70万人と推定しました。 Pradhan Mantri Kisan Samman Nidhi(PM-Kisan)には、約1億1,150万人の受益者が登録されており、2020〜21年の間に平均1億200万人以上が支払いを受けています。

言い換えれば、インドの公式の農民人口は1億人から1億5000万人の間です。しかし、これのどれだけが実際の農民を構成しているのでしょうか? NABARDの定義によると、農業世帯は、農業活動からの農産物の価値が1年間で5,000ルピーを超えるすべての世帯を対象としています。それは明らかに、生活収入としての資格を得るには少なすぎます。



本当の農民とは、収入のかなりの部分を農業から得る人のことです。これは、合理的に推測できるように、1年に少なくとも2つの作物を育てる必要があります。 2016-17年のインプット調査レポートによると、1億4,619万の所有地を持つ、合計1億5,721万ヘクタール(mh)の農地のうち、耕作されたのはわずか140mhでした。そして、この正味の播種地からでも、わずか50.48 mhが2回以上作られました。これには、40.76mhの灌漑地と9.72mhの非灌漑地が含まれます。 2016-17年の平均保有面積を1.08ヘクタールとすると、年に最低2つの作物を栽培する真面目な常勤農家の数(通常はモンスーン後のハリフと冬から春のラビの季節に1つ)はほとんど4700万になることはありません。または、たとえば、5000万。



上記の図(通常引用されているものの半分未満または3分の1)も、インプットサーベイの他のデータと一致しています。これらは、認証済み/高収量の種子を植える耕運機の数(5,901万)、自社または雇用のトラクター(7,229万)および電気/ディーゼルエンジンポンプセット(4,596万)を使用し、機関の信用(5,708万)を利用することに関係します。どちらの指標を考慮しても、主要な収入源として農業に大きく関与し、依存している農民の人口は、5,000万から7,500万人の範囲内です。

現在の農業危機は主にこれらの5000万から7500万の農家についてです。これの中心にあるのは、価格の同等性がないことです。 1970-71年、小麦の最低サポート価格(MSP)がキンタルあたり76ルピーだったとき、24カラットの金10グラムは約185ルピーで、公立学校の教師の月給はおよそ150ルピーでした。今日、小麦はMSPは1キンタルあたり1,975ルピー、金の価格は45,000ルピー/ 10g、公立学校の教師の最低賃金は月額40,000ルピーです。したがって、1970〜71年に2〜2.5キンタルの小麦が10gの金を購入し、政府の小学校教師の給与を支払うことができた場合、農民は20〜23キンタルを同じ価格で販売する必要があります。 50年前、MSPでは1kgの小麦が1リットルのディーゼルを購入できました。今日、その比率は4:1以上です。



農作物の生産性が上昇していた当初、農産物の価格が同等でなかったとしても、それほど大きな打撃はありませんでした。緑の革命以前のパンジャブ州の小麦と水田の収量は、1ヘクタールあたり平均1.2トンと1.5トンでしたが、1990〜91年までにそれぞれ3.7トンと4.8トンを超えました。高収量の品種を植えることで農民が得た生産量の増加は、他の商品やサービスに比べて農産物の価格が下がったことを相殺する以上のものでした。

1990年代以降、収量は小麦で5.1〜5.2トン/ヘクタール、水田で6.4〜6.5トンにまで増加しました。しかし、製造コストもそうです。綿花、トウモロコシ、野菜、牛乳、家禽製品では、農家は収穫量の増加(Btおよびハイブリッド種子技術、点滴/スプリンクラー灌漑、レーザーレベリング、交雑育種、農業および給餌慣行の改善による)と有利な価格(成長を背景に)の両方を経験しました。今世紀の最初の15年かそこらの間の国内収入と輸出需要)。しかし、過去5〜6年間、これらの作物の価格は容赦ない下落圧力にさらされてきました。これは、ディーゼル、農薬、そして最近では非尿素肥料のコストが増大したとしてもです。

MSPを法的権利にする要求は、基本的に、農民が購入するものに対して農産物に十分な購買力を与える価格平等の要求です。それは主に、販売する余剰があり、農業に真の利害関係を持っている5000万から7500万人の真面目なフルタイムの農民から来ています。それらは農業政策が対象とすべきものです。ほとんどの政府の福祉計画は、貧困の緩和とピラミッドの底にいる人々の高揚を目的としています。しかし、真ん中にいて、底に滑り込む危険がある人のための方針はありません。



PM-Kisanの下での年間6,000ルピーの移転は、非農業活動からより多くを稼ぐパートタイムの農民にとって少なくないかもしれません。しかし、1エーカーの小麦の栽培に14,000〜15,000ルピー、水田に24,000〜25,000ルピー、タマネギに39,000〜40,000ルピー、サトウキビに75,000〜76,000ルピーを費やしているフルタイムの農学者にとっては、わずかなことです。 。作物の価格が、投入物だけでなく、農家が購入するすべてのコストの上昇に追いついていない場合、その影響は5,000万から7,500万の余剰生産者に影響を及ぼします。収穫量が増加し、交易条件が農業にそれほど反対していなかったとき、彼らはより良い時代を見てきました。

どんな農業政策も、何よりもまず価格の平等の問題に対処しなければなりません。これは、MSPベースの調達、MSPと市場価格の差額の支払い、または単にエーカーごとの送金によって確保する必要がありますか?農民の利益は、価格支援よりも最低所得を保証する政府によってさらによく提供されるでしょうか?これらは、作物の価格が実際に重要である農民の数が明確になったら解決できる詳細です。

一方、自給自足またはパートタイムの農業従事者は、非農業雇用を後押しするための福祉制度やその他の介入からより多くの利益を得るでしょう。農業の中でも、彼らにとっての機会は通常の作物農業にはありません。 1エーカーの農家は、いつでも5頭の牛を飼育し、3頭から毎日30リットルの牛乳を売ることができます。あるいは、同じ小さな飼育場に、最大10,000羽の鳥と1年に6つのバッチが販売されるブロイラー農場を収容することもできます。



作物であれ、家畜であれ、家禽であれ、農業政策は真面目な常勤農家に焦点を当てる必要があり、そのほとんどは金持ちでも貧乏人でもありません。かつて農業の将来に非常に自信を持っていたこの田舎の中産階級は、今日、廃業する危険性があります。それは許されるべきではありません。

このコラムは、2021年4月19日に「農家の番号を正しく取得する」というタイトルで印刷版に最初に登場しました。インド新聞の作家、全国農村問題および農業編集者は、現在、デリーの政策研究センターでサバティカルを行っています。