彼女にとってより良い世界

女性に対する差別を終わらせようとする際に、政府は法律を組み立てる以上のことをしなければなりません。公共圏における男女の平等を促進する教育と介入に投資すべきである。

UNFPAの2020年、子どもの結婚、ジェンダーに偏った性別の選択、女性性器切除、米国、女性差別、インディアンエクスプレス政府は、法律の可決と施行を超えて、有害な慣行の根本原因、すなわちジェンダーに基づく従属と不平等に取り組む必要があります。 (代表)

今日の世界は、何百万人もの女の子が、子供の結婚、性別による性別の選択、女性性器切除(FGM)などの有害な慣行にさらされているという厳しい現実に直面しています。世界が持続可能な開発目標(SDGs)を達成するための10年間の行動を開始したとしても、何億人もの成人女性が、生涯にわたる痛みと健康障害、荒廃した機会、押しつぶされた夢などの結果を伴って生き続けています。 SDGsには、すべての有害な慣行の排除に関する特定の目標(目標5.3)が含まれています。子供、早期結婚、強制結婚、FGMについて明確に言及しています。これは、1990年代にウィーン、カイロ、北京で開催された、コンセンサスによってこれを確認した以前の国連会議、および女性に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する国連条約(1979)に基づいています。

これらすべての宣言にもかかわらず、なぜそのような有害な慣行がインドを含む非常に多くの国で存続するのですか?



UNFPAの2020年、「State of World Population Report」、「Against My Will – Defying the Practices That Harming Women and Girls And Undermine Equality」は、その理由を深く掘り下げています。持参金関連の暴力、魔術の告発、名誉の名の下に犯罪を含む19の異なる有害な慣行の長いリストから、それは3つの規模と規模に焦点を当てています—子供の結婚、性別による性別の選択、FGM。これらのうち、私たちが知っているように、子供の結婚とジェンダーに偏った性別の選択は、インドで広く普及しています。それらに対抗する法律にもかかわらず、それらは引き続き実践されています。 FGMはインドでも流行しており、懸念事項ですが、その実践はインドのいくつかのポケットに限定されています。



子供の結婚の有病率は確かに時間とともに低下しています。今日、10年前の47%と比較して、インドの女の子の27%だけが18歳になる前に結婚しています。しかし、絶対数は膨大です。世界中で毎年1200万人の子供が結婚しており、今日生きている約6億5000万人の少女と女性が子供として結婚しています。息子の好みと性別による性別の選択により、過去50年間で、世界中の行方不明の女性の数が2倍の1億4,200万人を超え、そのうち4,600万人がインド出身です。

これらの有害な慣行を推進するものは何ですか?時間の霧に包まれた古い伝統が理由であるとしばしば考えられます。しかし、報告書が指摘しているように、これらの慣行の少なくともいくつかは古くはありません。ジェンダーの不平等と女性の従属を強化する伝統は、文化、伝統、または宗教の名の下に、そして通常は少女自身の利益のために、新たに作り上げられ、正当化され、合理化されることがよくあります。家族は、娘と早く結婚することが彼女の最大の利益になると心から信じているかもしれませんが、この合理化は、結婚が女の子にとって唯一の実行可能な人生の選択肢であるという信念に基づいています。 UNFPAの報告書は、有害な慣行についての私たちの理解に新たな視点をもたらし、伝​​統ではなく根本的な原因、つまりジェンダーの不平等と女性の従属に対する責任を真っ向から突き止めています。



この報告書は、少女と女性の人権に焦点を当て、これらの慣行が、人権の核となる側面である意思決定における平等、無差別、個人の安全、自律を否定する悪質な違反にどのようにつながるかについての説得力のある証拠を提供します。 FGMは女性のセクシュアリティの表現を抑制し、違反します。ポジティブなコミュニケーションと喜びの人間の経験にリンクされる代わりに、それは暴力、生涯にわたる痛みと健康問題にリンクされるようになります。子ども、早期結婚、強制結婚は減少し、重要な人生の選択における教育と自律性に対する少女の可能性を排除します。息子の好みは、男性と少年に高い社会的地位を強化し、割り当て、深刻な性別による差別の表現です。報告書は、法的措置に人権アプローチを含めないことは、非執行、地域社会の拒絶、および秘密の慣行のリスクを意味することを示しています。

そのような慣行を禁止する正式な法律が必要になるかもしれませんが、それらは十分ではありません。法律にもかかわらず、多くの有害な慣行が続いています。政府は、法律の可決と施行を超えて、有害な慣行の根本原因、すなわちジェンダーに基づく従属と不平等に取り組む必要があります。どのように?この報告書は、財産の相続や土地の権利から政治参加、有給雇用、年金に至るまでの分野で、女性と男性の平等を確保するコミュニティの認識、公教育、介入への投資に焦点を当てています。

また、ある問題に取り組むための新しい法律が他の権利を侵害しないようにすることも非常に重要です。たとえば、子供の結婚に関連する法律を検討する際には、若者の性的および生殖的健康サービスへのアクセスを危険にさらさないようにすることが重要です。また、青年や若者の性行動を犯罪とすべきではありません。少女が結婚するために逃げる理由に関する開発法のパートナーによる最近の研究は、青年および若者の脆弱性を増大させる懲罰的な法的措置の使用に対して警告しています。代わりに、カウンセリング、性的および生殖的健康教育、権利と資格についての認識、および若い女の子と男の子のためのスキル構築と職業教育の使用を推奨しています。政府は、少女の結婚の最低法定年齢を18歳から21歳に引き上げるという考えを検討しているため、これは今日のインドに特に関係があります。同様に、性別の選択を禁止する法律は、安全で合法的な中絶への女性のアクセスを妨げない方法で実施されるべきです。



その厳しい数字とグラフィック画像にもかかわらず、SOWPレポートは、一方では効果的なポリシー、他方では個人およびコミュニティの行動を通じて、希望と変革の可能性のメッセージを伝えています。

レポートで引用されている、自宅に近い話は、ジャスビアのカウルが3人の娘をシングルマザーとして育てることへの意欲と決意の話です。ジャスビアは家族の圧力に立ち向かい、母親の家族は彼女のそばに立ち、経済的に独立しており、ANMとして働いていましたが、仕事は彼女の家族を支えるのにかろうじて支払われました。最終的に、ジャスビアの決意は、娘だけの家族に対する彼女の近所の抵抗を打ち破りました。

大韓民国の例は、政策レベルで何が必要であるか、そして偏った性比を変えるための集団行動の力についての洞察を提供します。 1994年までに、韓国では男児1,000人あたり867人の女児が出生時の性比になり、息子の好みが広まった。政府は1990年代を通じて、女性への相続権の付与、雇用における差別への取り組み、家庭内暴力への対処、女性が世帯主としての役割を果たすことを可能にするなど、劇的な改革を導入しました。これは、活発な女性の権利運動と対応する政府によって可能になりました。これらの行動の結果として、国の出生時の性比は今日自然なレベルに戻っています。



(著者は、インド公衆衛生財団の健康の公平性と社会的決定要因に関するラマリンガスワミセンターの教授兼所長です。見解は個人的なものです)