「平和ジャーナリズム」の事例

メディアは引き続き紛争を公平に報道しなければなりませんが、今や解決策を考え出すよう努力しなければなりません。

アヨーディヤー評決、バーブリーマスジド評決、クリシュナジャンマブーミ、ラムジャンマブーミ、エクスプレスオピニオン、インディアンエクスプレス事実、メディアはその役割を適切に判断することができないことを証明しています。

最近の2つの開発を見てみましょう。 Ayodhya imbroglioは解決されたばかりで、一部の人々はすでにクリシュナジャンマブーミ寺院とカシヴィシュワナート寺院の論争の的となっている問題を復活させ始めています。一方、アルメニアとアゼルバイジャンの間で戦争が勃発しました。表面的には、これら2つのインシデントの間に類似性はないようです。しかし、もっと深く見てみると、宗教的な苦悩がこれらの事件の共通の根源であることがわかります。インドでは、ヒンドゥトヴァ軍の原理主義者が、クリシュナジャンマブーミ寺院とカシヴィシュワナート寺院の隣にあるモスクをどうにかして破壊したいと考えています。同様に、アゼルバイジャンはイスラム国であり、さまざまなコミュニティの人々が平和に暮らしているがイスラム教徒の数が多い土地をアルメニアから解放しようとしています。トルコはイスラム国であるという理由だけでアゼルバイジャンとの戦いに加わった。パキスタンが戦争でアゼルバイジャンを助けているという報告もあります。彼らが気にするのは宗教だけです。

宗教から生じるイデオロギー的狂信と不和が状況を悪化させているそのような例はたくさんあります。もちろん、メディアはそのような事件をすべて前面に出し、簡単な言葉で人々に情報を提供する責任があります。とても大変な仕事です。インシデントのみを報告する必要がありますか?メディアはどのようにして問題の根源にたどり着き、紛争をさらに悪化させることなく真実を報告すべきでしょうか?事実、メディアはその役割を適切に判断することができないことを証明しています。



インドでは、メディアのごく一部がこの課題に適切に対応しています。インドのどこかで暴徒のリンチが報告された場合、さまざまなメディアグループが反対の立場を取ります。犯罪の大きさを引き出すために、彼らは2つのコミュニティ間の不調和を促進し始めます。彼らがジャーナリズムで平和を仲介しようとしていることを示す試みはありません。これは、インドだけではありません。世界中のメディアは平和の議題を欠いています。



パキスタンからイラク、イスラエルからシリア、ミャンマーまで、#BlackLivesMatterに巻き込まれた米国から、反移民のレトリックが高まっているヨーロッパの一部まで、緊張の解決策を見つけるためにメディアはどのような役割を果たすことができますか?メディアがしばしば火に燃料を追加しているという一般の認識があるのはなぜですか?

ニュースが間違っているので、これらの質問はメディアの世界で私たち全員を悩ませます。通常、私たちはハゲの事実や数字だけを出します—殺された人の数、関与または影響を受けたコミュニティの数、破壊された家の数など。紛争が発生したときに事実や数字を出すだけで、私たちは一種のことをしているだけです私が戦争ジャーナリズムとしてブランド化することを敢えてするジャーナリズムの。私たちは、そのような危機的状況が正当化するようなジャーナリズムを行っていません。では、どのようなジャーナリズムを実践すべきでしょうか。確かに、現在の形態の戦争ジャーナリズムや平和のジャーナリズムではありません。



では、平和ジャーナリズムとは何ですか?そして、なぜ事実ジャーナリズムや平和のジャーナリズムは私たちにとって不十分なのですか?私たちが事実ジャーナリズムを実践するとき、私たちは事実と数字を提示するからです。そして、私たちが平和のジャーナリズムを行うとき、私たちは状況を悪化させるようなコメントや発言をすることを制限します。平和ジャーナリズムは、紛争の根本原因に立ち向かい、関係するすべての問題を研究し、それらを徹底的に分析し、可能な解決策を見つけることを私たちに義務付けています。

平和ジャーナリズムの概念は、ノルウェーの社会学者であり、平和と紛争研究の分野の主要な創設者であるヨハン・ガルトゥングによって提案されました。調査によると、紛争に関するニュースはしばしば暴力に対する価値の偏りを持っています。したがって、そのようなバイアスは、平和ジャーナリズムによって修正される可能性があります。つまり、紛争解決ジャーナリズムまたは紛争に敏感なジャーナリズムとして説明することができます。平和ジャーナリズムとは、編集者と記者が、何を報告し、どのように報告するかを選択することであり、社会全体が紛争への非暴力的対応を検討し、評価する機会を生み出すと、平和局長のジェイク・リンチは述べています。シドニー大学での紛争研究(DPACS)。

18世紀、特にパンデミックの時期には、病気のジャーナリストがいて、エピデミックがどのように広がっているか、人々がどのように苦しんでいるかを詳細に報告しましたが、治療法についてはほとんど知られていないため、ほとんど報告されていません。今日、私たちは病気の新しい治療法と病気の予防に役立つ健康的なライフスタイルに関する現在の研究について書いている健康ジャーナリストを持っています。同様に、平和ジャーナリストが暴力や戦争だけでなく、その原因、予防、そして平和を回復する方法について書く時が来ました。



この種のジャーナリズムは世界にとって新しいものであり、追求するのは非常に困難で困難です。この概念はまだどの国にも根付いていません。単に事実や数字を出すのではなく、それが成長して生産的になり、解決策を提供することを確認する必要があります。

インドのような多宗教、多民族、多言語、多文化の国は、平和ジャーナリズムを最も必要としています。開発が早いほど、紛争地帯から抜け出しやすくなります。

作家はLokmatMediaの編集委員会の議長であり、RajyaSabhaの元メンバーです。