エアインディアのタタスへの売却は、民営化アジェンダを推進するという政府の決意を示しています

この複雑な売却が終了したので、しばらくの間議題にされてきたPSUの民営化/投資撤退に注意が向けられます— Bharat Petroleum Corporation Limited、ContainerCorporationなど—再評価を促します。

タタソンズは、エアインディアが国営航空会社に対する政府の株式の100%以上を占めるため、エアインディアの支配権を取り戻すでしょう。

何度か失敗した後、連邦政府は金曜日に、国営航空会社のエアインディアをタタソンズに売却することを発表しました。これは、ほぼ20年で公共部門の会社の最初の大規模な完全民営化をマークします。困窮しているPSUの従業員からの売却、さらに言えば政党からの売却にほとんど反対がなかったということは、政府が悪い後に良いお金を投げることができなくなったという事実の受け入れを示唆している。航空会社を売却するための長年の闘争を考慮して、魅力的な提案にするために売却契約のモダリティを微調整する際に政府が今回示した実用主義は、民営化アジェンダを推進する決意について明確なメッセージを送信します。

この契約により、タタグループの航空セクターにおける足場が強化されます。タタグループはすでにビスタラとエアアジアの株式を所有しています。総合すると、2021年8月の時点で、3つの航空会社の市場シェアは国内の航空旅客市場で26.7%でした。この買収により、タタスは、ロンドンとニューヨークは、高コストの構造と肥大化した給与に対処するのは難しいかもしれませんが。 Tatasは、市場の統合につながるすべての航空ベンチャーの統合を検討する可能性があります。新しい所有者が3年間、航空会社を既存の事業に統合できないという条件は免除されました。



この売却が完了すると、政府は赤字企業に絶えず現金を注入する必要がなくなります。航空会社を支えるために、2009年から2010年にかけて約1.1ルピーの資金を投入しました。 2019-20年だけでも、航空会社の運用上の損失は8,743ルピーに達しました。これにより、不足しているリソースが解放され、健康や教育などの公共サービスの提供により多くのお金が費やされます。政府はまた、以前の売却の試みが、航空会社が溺れている債務の山を引き受けることを躊躇する民間企業との関心を引き出すことができなかったため、債務の一部を保持することによって売却を推進する柔軟性を示しました。タタスとの取引は、12,906ルピーの最低価格に対して18,000ルピーの企業価値で実行されます。このうち、タタソンズは2,700ルピーを現金で支払い、15,300ルピーの航空会社の債務はそれによって保持されます。残りの債務は特別目的事業体に移管され、その一部は不動産などの資産を収益化することによって償還されます。この複雑な売却が終了したので、しばらくの間議題にされてきたPSUの民営化/投資撤退に注意が向けられます— Bharat Petroleum Corporation Limited、ContainerCorporationなど—再評価を促します。

この社説は、2021年10月11日に「Liftingoff」というタイトルで印刷版に最初に登場しました。