障害を過小評価している

これに対処するには、まず正しく測定する必要があります

障害、インドの障害、2011年国勢調査、divyang、modi mann ki baat、インドの障害基準、インドの障害者人口、インドのニュース、インドの急行障害の定義が同一ではなかったため、2001年と2011年の比較は困難になります。国勢調査2001は、5種類の障害について質問しましたが、国勢調査2011は、障害をより適切に把握するために、それを8つに拡張しました。

最近のいくつかの機会に、首相は、障害のある個人のために、viklangの代わりにdivyangの使用を提案しました。命名法の変更は、(社会正義とエンパワーメント省の)障害部門が協議の後に解決するためのものです。ただし、その命名法の変更の根底には、定義と考え方の問題があります。

世界的に、人口の15%が何らかの形の障害に直面しており、インドが2007年に署名した障害者の権利に関する国連条約(CRPD)があります。1995年以来、障害者と呼ばれる法律もあります(平等な機会、権利の保護および完全参加)法。インドの障害者人口の割合はどれくらいですか?



2011年の国勢調査によると、障害者の割合は2.21パーセントです。男性人口の2.41パーセントと女性人口の2.01パーセント。ジャンムー・カシミール州、シッキム州、マハラシュトラ州、アーンドラ・プラデーシュ州、オリッサ州、シッキム州などの州では、障害のレベルが高くなっています(2.5パーセント以上)。しかし、これらの州でさえ、その割合は3パーセント未満です。論理的には、インドはそれほど外れ値になることはできません。これは、私たちが障害を過小評価していることを意味します。適切に定義およびキャプチャしていません。国勢調査では、話の一部は次のとおりです。 1872年から1931年まで、すべての国勢調査が障害について質問しました。 1941年から1971年の間、そのような質問はありませんでした。1981年に質問があり、1991年に再び削除されました。2001年と2011年に再び質問がありました。



障害の定義が同一ではなかったため、2001年と2011年の比較は困難になります。国勢調査2001は、5種類の障害について質問しましたが、国勢調査2011は、障害をより適切に把握するために、それを8つに拡張しました。障害者法の下では、障害は次のように定義されています。 2、ロービジョン; 3、ハンセン病治療; 4、聴覚障害; 5、運動障害; 6、精神遅滞;そして7つ、精神病。定義の変更を説明するために、いくつかの例を挙げましょう。片目または片耳だけに問題がある場合はどうなりますか?あなたは2011年ではなく2001年に障害者になりました。補聴器を持っているとどうなりますか?あなたは2001年に障害者ではありませんでしたが、2011年に障害者になりました。より具体的には、2011年の8種類の障害者は次のとおりです。 2、ヒアリング;三、スピーチ; 4、動き; 5、精神遅滞(2011年の新しいカテゴリー); 6、精神疾患(2011年の新しいカテゴリー); 7、その他;そして8つ、複数の障害(2011年の新しいカテゴリー)。

私が以前に引用した数字はこれに基づいています—2680万人の障害者、1860万人がインドの田舎、そして820万人がインドの都市部です。その中で、ほとんどの人は、見ること、聞くこと、動くこと、その他の頭の下で障害を持っています。当然のことながら、障害は年齢の関数であり、60年後に急激に増加します。



私たちは間違いなくそれをより良く測定していますが、それでも適切に測定していません。 1つの理由は明らかです。私たちは今でも、異常と見なされる状態に焦点を当てて、医学的または病理学的な角度から障害に取り組んでいます。対照的に、ほとんどの先進国では、焦点は社会的アプローチに移り、障害のある人が通常の生活を送ることを妨げる制度的および社会的取り決めに焦点を当てています。障害者法を考えてみましょう。障害者として分類されるためには、障害の程度を明記した診断書が必要です。身体障害者になるには、あなたの機能は通常とみなされるものより40パーセント以下でなければなりません。

障害のある乗客のための鉄道の譲歩規則を見て、私たちがそれをどれほど複雑にしたかを見てください。 NSSO(National Sample Survey Organisation)は、障害に関する調査も時折行っています。これらは調査であり、国勢調査ではないため、無視しましょう。ただし、障害に関するNSSの数値ははるかに高く、3〜4倍です。第11計画(2007〜12年)の過程で、かつての計画委員会は、障害者の数は総人口の5〜6パーセントであると示唆しました。平均余命が長くなると、年齢との相関関係があるため、障害も増加。

国勢調査では、トレーニングがどれほど優れていても、対象となる障害の種類に関係なく、列挙者が障害を測定または捕捉できることを真剣に期待していますか?それはありそうにありません。それがまさに私が表現の質問を使用した理由です。国勢調査は基本的に障害の自己申告に基づいて機能し、場合によっては質問すらされません。おそらく、真の障害と測定された障害との間のギャップは、身体障害よりも精神障害の方が大きいでしょう。国勢調査2021が問題を改善するのを待つべきではありません。



そのため、社会保障ミッションの下で開始された、このような国勢調査を最初に実施した州である2014-15年のケララ州の障害者調査にフラグを立てたいと思いました。これは22種類の障害をカバーします—運動、筋ジストロフィー、慢性神経障害、多発性硬化症、腰痛、矮小化、失明、深刻な視力障害、学習、言語、精神遅滞、精神疾患、自閉症、難聴、てんかん-自由人、血友病、サラセミア、鎌状赤血球貧血、脳性麻痺、てんかん、難聴、失明、多発性障害。確かに、これはより多くの種類の障害をカバーしていますが、私はまだ懐疑的です。私の知る限り、国勢調査報告書はまだ草案の形になっています。

しかし、大まかに言って、これはケララ州の話です。人口の2.2パーセントが障害者です。世帯の11%が障害者を抱えています。 60歳を超えると、人口の12パーセントが障害者になります。これらの数字は正しいかもしれません、そして懐疑論の私の唯一の理由は2.2パーセントの低い全体的な数字です。ケララ州の場合、2011年の国勢調査では、7,61,843人の障害者人口が発生しました。 2014-15年のケララ州の国勢調査では、7,91,998の数字が得られます。年が異なるため、努力は称賛に値するケララ州の国勢調査が過小評価を十分に修正したとは確信していません。